分蜂!

ミツバチ

日本蜜蜂の分蜂の時期になりました。一週間前あたりから分蜂しだしたようです。
ミツバチって一つの巣から分かれて増えていくんですね。女王蜂が2匹に増えてから一匹が新しい巣を探してそこに移住します。これを分蜂(ぶんぽう)といいます。

先に働きバチが巣に最適な場所を探しに行き、安全そうだ、と判断したところに一斉に移動してきます。こちらとしては安全で住み心地のよさそうな場所に巣箱を設置し蜂を誘因する物質で誘い込むんですね。

つい先日に阪神甲子園駅のホームに蜂の大群が押し寄せて駅員さんが格闘した、なんてニュースがありましたがこれも分蜂群でしょうね。分蜂の際に蜂は一旦、巣の外で待機します。蜂球という人間の頭以上の大きさの塊になって屋根や木にぶら下がるんですね。

なんら危険なものでは無いのですが、見慣れない人が見ると気持ちのいいものではありません。なので町中で分蜂が起こっていると駆除されてしまうことがほとんどのようです。低い羽音がしますし、初めて見た時はちょっとびっくりしました。

ゴッホの丘でも分蜂蜂球が出来ていたことがあります。この時は段ボールに落として巣箱の中に落とし込みました。しっかり定着してくれていたのですが、天敵などの影響で逃げてしまいました。

さて、長々書きましたが、なんとゴッホの丘の巣箱にも日本蜜蜂が入ってくれそうです。完全に定着するかはまだわかりませんが嬉しいことですね。

広告
カテゴリー: みつばち パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中